30歳独身男性会社員の神待ち掲示板体験

私のストライクゾーンは広く、よほどの女性でなければほとんどOKしてしまいます。ここ近年で話題の神待ち掲示板を利用して神待ちしている女性をターゲットに絞って出会いを求めてます。社会人になって10年が過ぎましたし、一人で暮らす分には問題ないくらいの生活基準を手に入れています。何より、特定の女性がいない今の内に楽しんでいないと損ですし。そう考えたので比較的若い女性と遊ぼうと思ったのがキッカケです。ナンパもいいのですが、いかんせん声をかけられない私には到底無理な手段。そうなるとサイトを使った方が楽ですし、神待ちであればこちらから提供してあげれば話は早く決まります。そこは大人の余裕というやつでクリアです。とはいえ、いきなり自宅というのは流石に抵抗があるのでまずは適当な所で待ち合わせをして、ご飯でも食べながら色々な話をそこでします。ここでの話がとても重要です。私の体験からいくと、ただご飯を食べたい女性とそうじゃない女性で決定的に違う所があります。それは、ご飯だけなら本当に好きな物を頼んですぐ笑顔になります。しかし、その後の事を考えてる女性は比較的謙虚な姿勢で少し礼儀正しいのです。やはり、人は何かあるとに謙虚なるもんです。なので、私の場合はそこで見切りをつけて私の態度も変わります。

先がありそうならずっと敬語で親身になって悩み相談を聞きます。そうじゃないと判断したらさっさとご飯を食べてバイバイします。時間の無駄ですからね。しかし、神待ちしてる女性の中には本当に綺麗な女性もいます。なぜこの様な女性がと思ってしまうほどです。大体共通してるのが、上京したてでいくあてがないパターンです。帰るに帰れずなんとかしようとしている彼女達の必死さには胸打たれる瞬間もあります。何よりも人と人のやりとりなのでトラブルのない様に円滑に事を運ぶのがお互いの安心の為でもあります。7

私は今後も神待ち掲示板を利用して様々な女性と出会い、悩みを聞きながらも自分も美味しい思いをしようと思ってます。