カテゴリー別アーカイブ: 木曜

支援してくれる人

 33歳のシングルマザーです。
生活困窮状態だったのですが、見事に支援してくれる人と出会えました。
対価としての肉体関係はありません。
お食事にお付き合いをするだけ。
それだけで、支援してくれる人から多額のお金をもらうことに成功しています。

 離婚をして、子供と2人でアパートで生活をしているシングルマザーです。
私自身、特別な仕事のスキルの持ち主ではないため、給料の良い会社で仕事をすることができません。
薄給のため、完璧な貧困状態に陥るのも目前という状態でした。
子供と2人でホームレス・・・そんな想像が頭の中をよぎったりもして。
不安だらけの生活を送っていたのです。
生活保護なども、断られてしまったりして。
一体、何のための生活保護なんだって感じです。

 役所にも見放されたような状態でしたから、ネットで支援してくれる人を探さなければならなくなりました。
ネットで探すといっても、どうすればよいのか?
何をどうすればいいのかすら分からない上態です。
そのことで悩んでいた時、ネットのシンママ仲間から耳寄り情報をキャッチすることに。
それは出会い系です。
お金がない時はどうする
「支援してくれる人と、出会いやすいのが出会い系。特に有名なところね。人気が高くて安全性も高くて、利用者が沢山いるから、理解者と知り合うことができる」
シンママ仲間の言葉に励まされ、出会い系に登録しました。

 出会い系を使うなんて、生まれて初めてのことでした。
こんなにサイトの中は賑わっているの?と、驚きを感じてしまうほどの人。
期待を感じさせる何かがそこにはありました。
支援してくれる人を探すための投稿を開始。
シンママ仲間は、地道な投稿が必要と言っていたため、頑張って毎日のような更新を心がけてみたのでした。

 その結果といえば、出会えてしまったのです。
富裕層の人で、困っている女子を助けたいと思っている人。
面接をしていただいて、食事デートを週1回のおつき合い。
最初の月は都度払いでも大丈夫と言ってくれました。
合計金額を聞いて、開いた口がふさがらない状態に。
20万円の支払いを約束してくれたのでした。

 現在でも、支援してくれる人と食事デートを続けています。
多額の支援をしていただき、感謝でいっぱいです。
無償でお金くれる人
お金がない時はどうする

パトロン募集

エッチありでパトロン募集したことあるんだけど、ふと気付いたら、なんか私、安すぎる・・・。
普通に一回いくらで相手募集した方が、単価高かったかもれしない。
パトロン募集で月極の条件だったから、確実にもらえるものの方に重点を置きすぎてて、会う頻度が高くなればなるほど、単価が安くなってる。
だって、毎週週末泊まりなんだよ?
相手の人は、それを楽しみに仕事頑張ってるんだ~って喜んでるけど、私的にはこんな頻度が高いとは思ってなかったから・・・。
パトロン募集も色々そういう条件考えないと、逆に安売りすることになっちゃうんだと反省してる。
次にパトロン募集する時は、その辺もちゃんと考えようと思った・・・。
愛人
もちろん、月極ってことなんだけど、時々はボーナスみたいな感じでお小遣いくれることはある。
この間も、月極とは別に五万円もらった。
だけど、それで今度旅行に連れて行ってくれるらしくて、服とか靴とかカバンとか買ったら、五万じゃ足りないでしょ?
結局自分の貯金から出すことになる。
海外旅行なんだけど、出張の時に付いてくる?って誘われて・・・
自分の飛行機代は、会社持ち。私の分のチケットは手配してくれるって。
ビジネスクラスだし、ホテルも高級。
それはそれで楽しそうなんだけど、やっぱりそのために色々準備でお金かかるしさ。
五万じゃ足りないって。
そのパトロン募集も月極でそんなにもらってるわけじゃないから、こっちは時間取られて拘束されて・・・赤字もいいとこ。
パトロン募集もやっぱり相手が会社員じゃダメだなー。
愛人募集掲示板
謝礼交際

セフレをハッピーメールで見つける

俺の友達はバカだなと思いました。セフレをハッピーメールで見つけると言って本当に見つけたのは良かったのですが、その相手の女性を写メを見せてもらったらかなりのブス。Hが出来れば誰でもいいと言う友達。だけど、もう少し可愛い子いなかったのかと思ってしまいます。
ところが、その女性は見た目とは裏腹に友達とセフレ関係になっていてもまだセフレをハッピーメールで見つける事をしていました。その事に気づいた理由は俺もハッピーメールでセフレではなく彼女か友達が出来ないかなと探していた時に女性を発見したからです。一度友達に写メを見せて貰ったこともあって友達のセフレだとすぐに気づきました。女性の紹介文では彼氏募集など載っていました。本当に変な女性とセフレになったなと友達に対してそう思いました。
セフレをハッピーメールで探す
しかし、もう少しその女性のことが知りたいと思ってしまった俺は女性にメールを送ってしまいました。俺も写メをプロフに載せていたこともあってしばらくして女性から「見た目もタイプ。趣味もアウトドアなんて同じ。」と、返信がありました。絶対嘘だと思いました。
メールを続けて1週間後に女性から会いたいと言うメールが届きました。正直俺も同じ気持ちだったので会ってみることにしました。実際に会うと本当にデカイ。よく、友達はこんな女性とエッチしたなと思ってしまいました。食事をした後女性から「まだ、帰りたくない。もっといたい。今日は一晩中一緒にいられないかな。」それは無理だと思いやんわり断りましたが泣かれてしまい、結局俺の家でやってしまいました。友達のことは言えず俺もバカだなと思いました。
プチ援助交際
プチ円